過去を振り返れば羞恥心に苛まれ、未来を想像すれば不安に襲われる。ただ道を踏み外さないように、足元だけを見つめて一歩一歩進むのが精一杯。だからせめて足跡を残そう。


by koharu65

<   2007年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

親の務め

 10月26日付けの朝日新聞天声人語で次のような文章を読んだ。数日前に偶々私が考えていたことと一致していて、興味深く思った。

 以下、天声人語より一部を抜粋
 個性派の俳優で昨年亡くなった岸田今日子さんは、風変わりな子どもが好きだった。ほかの子とテンポが合わないような子がいるとうれしくなってしまう。随筆にそうつづっている。
 ところが自分の子が生まれると、勝手が違った。「早くご飯を食べなさい」「宿題はしたの?」。わが子が仲間はずれにはりはしないかと気にかかる。今や、ただいの大人になってしまったのだろうか――筆づかいからは深い溜め息が聞こえてくる。……
 
 この10日あまり、二人の姪の世話をしていた。
 夜は9時半には子どもたちが眠りに着くようにしなければならない。9時にベッドに入って本を読む。8時にはお風呂に入れなければ。宿題は夕飯前に済ませるように。けれど時々夕飯後になって、「あ、日記がまだだった」などど言い出す。朝は7時半に家を出るから、ぎりぎり7時には起きないと朝ごはんが食べられない。上の子はなかなか起きない。6時半から朝食の支度の合間を縫って、「起きなさい」と何度も声を掛ける。
 常に時間に追われ、命令している。「何やってるの?」「漫画は置いて」「宿題は?」「早く早く」。ぐずぐずしていたら何もかも間に合わない。
 ようやく、二人の世話から解放されるというその日の夜、下の子が「ねえ、くすぐって」と言うので、くすぐり合いっこをして遊んだ。身をよじってけらけらと笑う子と一緒になって寝転がって対等に遊んでいる自分にふと気付く。世話をする立場じゃなければ、こんなにも楽しく子どもたちと遊べるのに。その時、お風呂に入れる時間も寝る時間も私の念頭にはなかった。
 食べさせて、寝させて、勉強させて、親は子どもを世話しなければならない。立派な大人に育て上げなければいけない。親が子どもの目線で物事を眺めるというのはなかなか容易なことではない。

  我看了10月26号的朝日报纸的天声人语感到很有意思,因为几天前我刚刚有过同样的想法。

  下面是其天声人语的一部分;
去年去世的个性派演员岸田今日子曾经很喜爱那些与众不同的孩子。她在自己的随笔里写道,一遇到那种和其他孩子步调不一致的孩子就感到高兴。
然而,一旦有了自己的孩子,情形就不同了。“快点儿吃饭呀!”“写作业了吗?”还担心自己的孩子会不会被小朋友欺负受到排挤。如今,怕是自己也不过一个普普通通的成年人罢了。——从岸田的文字里,似可耳闻她那深深的叹息声。
(以上引用了“贯通日本语论坛”上的译文)。

  这10天左右,由我来照看两个侄女。我目标是晚上9点半让孩子睡觉。9点上床给她们读书。8点多应该洗澡。作业应该在吃晚饭之前做完。有时她晚饭后突然想起来“哦!还有日记没有写完”。早上7点半出门,所以至少7点让她们起床,要不就没有时间吃早饭了。老大怎么都起不来。我从6点半开始一边做饭一边叫她几次 “起床吧!”。
  我总是在赶时间,发号施令。“在做什么呢?”“别看漫画了!”“作业做完了吗?”“快点!”。如果磨磨蹭蹭的话什么都赶不上。
  终于在我卸下保姆的重任的那晚,因为老二跟我说了“你挠我痒痒吧”,我胳肢她和她玩闹起来。她笑得前仰后合。我忽然发现只要我一旦卸下了保姆的担子就能和她们玩得非常开心。那时我脑子里一点没有洗澡的时间、上床的时间什么的。
  让孩子吃饭、睡觉、学习等,母亲总得照顾她们,有义务好好培养孩子,希望她们成长为优秀的青年。与此同时,还要顾全孩子们的意愿和感情就不太容易了。
[PR]
by koharu65 | 2007-10-27 00:00 | 雑感

パズル

 まさか自分が天才ほどに賢いなんて、それ程うぬぼれてはいないけれど、少なくともバカではない、普段はそう思っている。ところが時折、ひょっと、自分がひどく鈍感で何もわかっていないと気付かされるときがある。それはもちろん知識の問題ではない。この世の中に私の知らないことなどごまんとある。
 例えば、私は新聞や雑誌でスケルトンパズルやクロスワードパズルを目にすると、挑戦せずにはいられない。すべての枠が埋まるまで諦めない。パズルの専門雑誌を買うようなマニアではなくて、ただ目の前にそれがあれば穴を埋めたくなる。謎は解けるはずだという確信のもとに。
 現実も謎に満ちている。ただ普段は謎を謎だと感じないだけだ。ふとしたことで、物事が明らかになって「腑に落ちた」とき、それがかつて「謎」であったことに初めて気付く。パズルのピースが合わさって突然絵が現れるように、バラバラになった断片がつなぎ合わされて、一つの意味が立ち上がる。
 そうやって、人は日々、脈絡なく横たわる現実に意味を与え続けていくのかもしれないと思った。
[PR]
by koharu65 | 2007-10-26 00:00 | 雑感

世界


光を愛でよう
それは仰ぎ見るもの
それは降り注ぐもの
それは恩寵
それは神のもの

闇を愛そう
それは侵食するもの
それは身に宿るもの
それは親しきもの
それは私の一部

[PR]
by koharu65 | 2007-10-25 00:00 |

眠り

c0173113_21182311.jpg


眠る
眠る
重なり合って眠る
子犬のように
天使のように

今日の日の
うれしさも
今日の日の
悲しみも
粒子となって
夢の底に降り積もる

父の光に
目を閉ざし
母の闇に
身を委ねれば
神秘の森で
カナリヤが歌う

眠ろう
眠ろう
重なり合って眠ろう

ほら、新しい朝が待っている

[PR]
by koharu65 | 2007-10-21 00:00 |

二人の姪

 女の子は可愛い。
 ここ数日、事情があって二人の姪と寝起きを共にしている。二人ともよくしゃべる。よくじゃれる。よく喧嘩する。時々、黙って寝転がって本を読む。名探偵コナンを「怖い」と言いながら真剣に読む。クレヨンしんちゃんを読みながら、突然けらけらと笑い出す。
 朝は忙しい。姉は寝起きがとても悪い。起こし始めてから15分、20分経っても目がはっきりと覚めない。ぼうっとしながら朝食を取る。妹は目が覚めた途端、ぱっと起き上がり、元気はつらつ。5分前まで寝ていた子とはとても思えない。
 洋服選びが難しい。秋風が冷たい時期だというのに、半袖でいいと言う。夏の薄手の短パンを履くと言う。下着も要らない。「じゃあ、これは?」。「ジーンズはいや。」。好みもうるさい。やっとのことで、お気に入りの七分丈のズボンを見つけ、履かせる。
二人とも忙しい。公文、水泳、バレエ、作文、造型、お茶、着付け、週に5日は何かしら習い事がある。妹が好きなのはバレエ、姉が好きなのは造型。姉は大きくなったら画家になりたいそうだ。
 家の中のこと、どこに何があるか、幼稚園の支度のこと、持ち物や時間など、妹は細かいことまでしっかりと把握している。食器はどこにあるの?お塩は?何時に家を出ればいいの?ごみの日は?全部この子が教えてくれた。姉は寝るとき体を寄せて私の手を握る。「朝ごはん、おいしかった。また作ってね。」「今日も泊まってくれる?」と、ああ、愛しい、と思わせるようなことをさらりと言う。
 二人ともとても可愛いらしい。

  我觉得女孩子真可爱。
  这几天,我因故跟两个侄女在一起生活。她们都爱说话,爱玩耍,又爱吵架,但有时也会不做声地躺着看书。在看名侦探柯南的漫画时虽然说“好可怕”但还是会认真地看着。而在看蜡笔小新时会突然咯咯地笑起来。
  早晨很忙。姐姐不容易叫醒。叫后没有15到 20分钟的时间她不会起来。然后迷迷糊糊的吃饭。她妹妹就相反,醒了就起床,精神活泼。看不出这是个5分钟前刚醒的孩子。
  她们挑选衣服很麻烦。尽管已到秋天,天气有点变冷了,但她们还是想穿半袖的上衣和夏天才会穿的较薄的短裤,而且还说不想穿内衣。“这条怎么样?”“不喜欢牛仔裤。”挑选得很厉害。好不容易才找到她中意的七分长的裤子让她穿上。
  两个孩子都很忙。私塾、游泳、芭蕾舞、作文、图画手工、茶道、怎么穿和服的课等等一周5天肯定有校外的课。妹妹喜欢的是芭蕾舞,姐姐喜欢的是图画手工。姐姐好像将来想当画家。
  关于家里的事儿;在哪里有什么东西,关于上幼儿园时;要带去什么东西、时间等,妹妹知道的都很清楚。哪里有盆子?盐在哪里呢?几点出门?连规定扔垃圾的日子是星期几都去问她,让她告诉我。而姐姐呢,她睡着时会挨着我并握住我的手。她会说“你做的早饭很好吃,以后再给我们做,好吗?”“你今天也可以住在我家吗?”;这种话引起我疼爱她的感情。
  两个孩子真可爱极了。
[PR]
by koharu65 | 2007-10-20 00:00 | 雑感

記憶の海


記憶の海にもぐろう
深く 深く
衣服を脱ぎ捨て
大気から
遠く 遠く
すべての息を吐ききって
太古の海ととけあおう

耳を澄ませば
懐かしい音が聞こえる
どくん どくん
どくん どくん
ママの音

[PR]
by koharu65 | 2007-10-10 00:05 |

媚薬

c0173113_132274.jpg


姿の見えぬ金木犀の香りに
朝から晩まで酔い痴れる
何もかも忘れて酔い痴れる

鼻孔から忍び込む甘い香りが
脳の中枢を刺激する
くらくらと眩暈、
とける理性、
利かない手足の自由、

私が私であって私でないよう
纏わりつく見えぬ香りが
私を縛りさらっていく

私は待つ
落花の時を
私が私を取り戻す解放の時を
その時が
記憶の中の香りを求め
狂おしく彷徨う新たな束縛の始まりとも知らずに

[PR]
by koharu65 | 2007-10-10 00:00 |

レシピ

c0173113_15113950.jpg


物語をつくろう
天使の羽や七色の虹、花の冠に草の葉のボート
善良や勇気の粉を振りかけて
ふっくら焼き上げれば
幸福の匂いがたちこめる

物語をつくろう
蛇やムカデや吸血鬼、底なし沼に人食いザメ
邪悪や恐怖の種を混ぜ込んで
型に流して固めたら
鍵のついた箱に閉じ込める

[PR]
by koharu65 | 2007-10-10 00:00 |

 頭がひとつ、

 積もった落ち葉の中で
 虫たちも 眠りにつく
 やがて 雪が降ってきて
 白い帽子をかぶった頭は
 少し揺れてみたくなった

 ごとごと
 ごとりごとり
 ごろりんごろりん
 とうとう転がりだした
 頭は ころころ転がって
 雪がくっつき どんどん大きくなった
 頭は巨大な雪玉と化し どこまでも転がっていった
 手も足も胴もない肥大化した頭が 雪の坂道を転がっていく 

                                  ポチャリ

 池に落っこちた

 薄氷を割り 雪玉は崩れ 頭は水底へ降りていく 深く 深く 光の届かぬ水底へ

 地上には頭の残した軌跡が一筋 やがてその軌跡も 降り続く雪に埋もれていった
[PR]
by koharu65 | 2007-10-05 00:00 |

沈思黙考


両手があんまり彼の頬に触れたがるので
頭は困惑した
両手はどうしても触れたくて
手に手をとって逃げ出した

両足があんまり彼の元へ行きたがるので
頭は苛立った
両足はどうしても行きたくて
砂煙たてて駆けて行った

腹の虫があんまりぐうぐう文句を言うので
頭はうるさいと怒鳴った
腹はぺこぺこの腹を抱え
空腹を満たす旅に出た

後に残ったのは頭がひとつ

見上げれば夕焼けの空
山の端が濃紺に縁取られていく
耳を澄ませば虫の音
夜の帳が下り始める

冷たい夜露が頬を伝う

頭は無上の喜びを感じ
そっとまぶたを閉じた

[PR]
by koharu65 | 2007-10-04 00:00 |