過去を振り返れば羞恥心に苛まれ、未来を想像すれば不安に襲われる。ただ道を踏み外さないように、足元だけを見つめて一歩一歩進むのが精一杯。だからせめて足跡を残そう。


by koharu65

<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

独立国の道

 7月9日、時々読んでいるある人のブログに憲法9条についての記事があり、以下のようなコメントを書いた。

よく「日本も普通の国になるべきだ」という論を耳にします。
しかし、もし日本が他の国家と同じ「普通」になってしまうのであれば、今得ている多くの信頼や立場や関係性を失ってしまうでしょう。
9条があるからこそ、他の国にはない外交における独自性、オリジナリティーが発揮できるのであって、それを手放して普通の国になることは、日本の価値を低めることになるのではないかと思います。


 その数日後、12日の朝日新聞。詩人の辻井喬さんのインタビュー記事を読み、わが意を得たり、と思う。
 (下記、引用)

「自分は独立国である日本の指導者であるという意識が、政治家に希薄になった。これは恐ろしいし、寂しいことです。皮肉な言い方をすると、米国の占領政策の偉大なる勝利です。『国のことは大事だが、君らは考えなくてもいい。米国が面倒みるから』と言われ、受け入れてしまった。米国と仲良くするのは大事ですが、問題はそのやり方です」
「ただ、だから軍隊を持たないと国家観が生まれない、というのは短絡的です。国家観のない国の軍隊ほど民衆にとって危険なものはない。道は細く険しいかもしれませんが、日本は平和憲法とその思想を掲げ、独立国の道を歩むしかありません。」



関連記事:小春日和日記



 
[PR]
by koharu65 | 2012-07-22 22:58 | 雑感


『銀座カンカン娘』 - 井上陽水


 この歌が好きなのはもちろん、この動画の写真が歌にぴったり合っていて大変気に入っています。
 気に入ってしょっちゅう見ていたのですが、ある時突然削除されてしまってがっかり。たぶん著作権の関係でしょう。
 それがまた復活したことに最近気が付きました。
 この方がアップロードされている動画の写真はオリジナルなんじゃないかと思うのですが(推測です)、素敵な写真ばかりです。写真のスライドショーのバックグラウンドに既成の音楽を使っている、と言ってもいいくらい。
 音楽の二次使用をあまりうるさく規制すると文化がやせ細ってしまう、というのが私の持論です。最近の音楽業界は、自分の利益を守ることばかり考えすぎなのではないかな。
[PR]
by koharu65 | 2012-07-14 22:32 | 音楽

総理大臣という係り

2012年7月2日の『5時に夢中』より

ふかわりょう 「マツコさん的には、今後新たなリーダーが現れるとしたら、どういった方に務めてほしいですか?」

マツコデラックス「いやあ、私はリーダーは日本にはもう不要だと思っているので。」

若林史江 「どうしたらいいの?」

マツコ 「いや、だから、その、リーダーじゃなくていいのよ。
 もう係りよ。総理大臣という係りがいるだけで。
 その、リーダー、そのファッショ的なさぁ、今、橋下さんみたいな、特に不景気だと、そういう、なんかもう、そういう人にすがってしまう形というのができてしまうから、その危険性みたいなものは、国民ひとりひとりが感じていないと。
 こういうときに誰かにすがってしまうというのは、とてもある意味危険な部分を秘めてるよっていう、もっとひとりひとりがしっかりしてやっていきましょう、っていう考え方にシフトしていかないと。」


2012年7月5日 朝日新聞より(平田オリザさんへのインタビュー記事)

――強いリーダーを求める声が強まっているのも、社会に対話がないからなのでしょうか。

「私は、今後の日本のリーダーに必要な能力は二つあると考えています。ひとつは『聞く力』。結果論かもしれませんが、小渕恵三さんにはその力があった。鳩山さんも実はそうで、大平正芳―小渕―鳩山は似ているとよく言われます。少しひ弱な印象があるので、リーダーシップと言われたときに思い浮かべるものとは少し違うかもしれませんが、対立を恐れずに自分の意見を堂々と述べることが苦手な日本人の、日本型リーダーシップとしては、そちらの方が有効だと思います。」

「もうひとつは、弱者の文脈を理解する能力です。これまではリーダーシップ教育というと、論理的にしゃべるとか、クリティカルシンキング(批判的思考)とか、欧米直輸入の手法が重視されてきた。しかし本当は、論理的にしゃべれない人たちの気持ちをくみ取る能力の方が大事なのではないでしょうか。」

「原発問題を例にとれば、官僚は、再稼働に反対する人たちは論理的ではないと思っている。しかし、そうだとしても、じゃあなんでそんなに反対するんだということに思いをはせることができるのが、リーダーシップだと私は考えます。」


--------(引用おわり)-------


 マツコデラックスの言っていることと、平田さんの言っていることはたぶん同じようなことなんだと思う。
 マツコさんの「総理大臣という“係り”でいい」というひと言は、感覚的にとてもわかりやすく、胸に届く。本当にこの人はすごい人だなぁと思う。



小春日和日記もよろしく。



 
[PR]
by koharu65 | 2012-07-05 21:58 | 雑感