過去を振り返れば羞恥心に苛まれ、未来を想像すれば不安に襲われる。ただ道を踏み外さないように、足元だけを見つめて一歩一歩進むのが精一杯。だからせめて足跡を残そう。


by koharu65

坐着小船

c0173113_1082364.jpg

 我估计我的人生一辈子等待什么。
 坐着小船梦想何时飘到乐园,并且很明白永远到不了那儿。
 何かをずっと待ち続けてる。 
 ボートに乘っていつか楽園にたどり着くことを夢見ている。 
 永遠にその地にはたどり着かないことを知りながら。

[PR]
# by koharu65 | 2007-05-11 00:00 |

年を経るということ

人間というのは年を経るにつれて、柔らかく寛容になっていくものだと思っていた。
ところが、どうもそうではないらしい。
年を経るごとに、頑固で依怙地になっていく自分に気づく。柔軟性を失っていくのに加え、冒険心や好奇心が衰えていく。
年を経ることの価値とは何だろう?
多くの経験から学んだ賢さ?
経験は人を賢くすると同時に臆病にする。危険を察知する能力と具体的に予測できる危険を回避しようとする賢さは、冒険を抑制する。

しかし一方で、それらの欠点を補って余りあるほど、人生において経験が増えるということの素晴らしさを実感する。
自分と言う器の中に、宝物がどんどん増えていく。
この世で見聞きしたものたちの姿が増えていくことの喜び。知らなかったこと、気づかなかった世界に触れるたびに、心の襞が豊かに複雑になっていく充実感。
目に見えない豊かさが膨らんでいく。
[PR]
# by koharu65 | 2007-05-10 00:00 | 雑感

はじめに

過去を振り返れば羞恥心に苛まれ、未来を想像すれば不安に襲われる。
ただ道を踏み外さないように、足元だけを見つめて一歩一歩進むのが精一杯。
だからせめて足跡を残そう。

                                          2007年5月9日
[PR]
# by koharu65 | 2007-05-09 00:00 | はじめに