過去を振り返れば羞恥心に苛まれ、未来を想像すれば不安に襲われる。ただ道を踏み外さないように、足元だけを見つめて一歩一歩進むのが精一杯。だからせめて足跡を残そう。


by koharu65

『春爛漫』- 森田童子



 森田童子の歌って、どうしてこうも物悲しいのでしょう。春を歌ってさえ。

 ♪春よ 春に 春は 春の
  春は遠く

 ♪青く 青き 青の 青い
  青さの中へ

 春に何があり、春はどうしたのか、春の何を求めているのか、わからないまま、「春よ」と呼びかける。
 遠い春を呼ぶ。
 青く、青き、青の、青い、悲しみが、流れていく。

 助詞の変化や形容詞の活用だけで、その後に続く言葉を語らない。語らないことによって(或いは語れないのか)、言葉にできない感情を伝えているように思います。
[PR]
by koharu65 | 2011-03-20 21:33 | 音楽