過去を振り返れば羞恥心に苛まれ、未来を想像すれば不安に襲われる。ただ道を踏み外さないように、足元だけを見つめて一歩一歩進むのが精一杯。だからせめて足跡を残そう。


by koharu65

山の上の寺院(夢の話)

 久しぶりに夢の話。
 最近夢を見ない。見ても、ほとんど覚えていない。
 それが昨夜、久々にはっきりと印象に残る夢を見た。

 私はどこか異国の地で、学生時代の友人とともに、旅行に来ている。山の中腹の見晴台に着いた。見晴台から正面に、高い山がそびえたっているのが見える。その山の頂上に、ちょうどチベットのポタラ宮のような、美しく複雑な形の寺院が建っていた。そこからの眺めはとても美しくうっとりとする。
 ところが、もっといい位置で眺めようと場所を少し変えてみると、さっき見た美しい寺院は別のものに形を変えてしまった。それは寺院そのものが変化したというよりも、私の見る角度によって、さっきまで見えていたものが他のものによって隠されてしまったという感じだった。おかしいな、これはさっき見えていた景色と違うようだけれど、でも方角は確かに違いない。
 そのうちに日が暮れてしまった。寺院のたくさんの小さな窓のあかりが浮かび上がる。昼間の美しい寺院をまた見たいと思う。明日帰国するので、今日中に山を下りる予定だったけれど、どうしようか。
 道を少し進むと、山の上まで行くロープあって、そのロープを移動する滑車に人がぶら下がり数珠つなぎになってどんどんと送られていく。ロープウェイのように人が乗る籠や椅子があるわけではない。人はただ自力で滑車にぶら下がっている。
 一般の参拝客と、恐ろしいような顔をした痩せた男が交互に並んでいる。痩せた男は皆同じ顔をして、体にぴったりとしたTシャツと七分丈のパンツを穿いていた。男は係員のようだ。一人一人の客の後ろに付き、背を押し出すようにしながら、輸送の役目を担っていた。
 私もそのロープで寺院まで行こうかと思う前に、目が覚めた。
[PR]
by koharu65 | 2012-06-01 23:02 | 夢の話