過去を振り返れば羞恥心に苛まれ、未来を想像すれば不安に襲われる。ただ道を踏み外さないように、足元だけを見つめて一歩一歩進むのが精一杯。だからせめて足跡を残そう。


by koharu65

私が村上春樹の小説を好きでない理由

 前回の記事にいただいたコメントへの返事に、私は次のように書いた。

私は、村上春樹は作家として「すごい」と思うけれど、好き嫌いで言ったら、あまり好きじゃないのですよね。人生観が違うのかも。


 好きじゃない理由として「人生観が違う」と書いたけれど、これはあまり正確ではないような気がする。どうして私は村上春樹に強烈な親近感や共感を覚えないのだろう?

 それが最近、内田樹の『もういちど村上春樹にご用心』という本を読んでいて(まだ全部読み終わっていないのだけれど)、この本によって先の疑問が少し解け始めた。

 内田樹という人は、大学の文学部の教授を最近退職した人で、ブログや新聞、雑誌、書籍上で、社会・教育・文化・政治などの様々なテーマを論じ、人気を博している。そして彼は、村上春樹の熱烈なファンだということを公言している。

内田さんは、この本の最初のほうで「村上春樹は世界中の人の心の琴線に触れるんだ」という言い方をなさってますが、アメリカ人やイギリス人と話していても、やはり「なぜ世界中でこんなに人気があるんだ?」って話題は出るわけですね。そうすると彼らは、「ハルキはなんらかの形で“ヒット・ザ・ナーヴhit the nerve”する」っていうんです。「神経を打つんだ」って。
(『もういちど村上春樹にご用心』柴田元幸との対談より)


 村上春樹の小説は、世界中の人々の心を打つらしい。なのになぜ私の心の琴線には触れないのだろう?それどころか、私は彼の小説を読むのがとっても「しんどい」んである。

 内田樹は村上春樹の作品を、次のように分析する。

 
村上春樹が世界的なポピュラリティを獲得したのは、その作品に「世界性」があるからである。
 …
 では、その「世界性」は何かということになると、これについて私はまだ納得のいく説明を聞いたことがない。そこで私の説を語る。
 村上文学には「父」が登場しない。だから、村上文学は世界的になった。
…(略)…
「父」とは「聖なる天蓋」のことである。
その社会の秩序の保証人であり、その社会の成員たち個々の自由を制限する「自己実現の妨害者」であり、世界の構造と人々の宿命を熟知しており、世界を享受している存在。それが「父」である。
 「父」は様々な様態を取る。「神」と呼ばれることもあるし、「預言者」と呼ばれることもあるし、「王」と呼ばれることもあるし、「資本主義経済体制」とか「父権制」とか「革命的前衛党」と呼ばれることもある。世界のすべての社会集団はそれぞれ固有の「父」を有している。

 村上春樹は、そういうローカルな世界ごとに異なる様相で現れる「父」を描かない、つまり父の不在を明らかにすることによって、村上春樹の作品は世界性を獲得したのだ、と内田樹は語る。

 人間は“「父」抜きでは、私がいま世界の中のどのような場所にいて、何の機能を果たし、どこに向かっているかを俯瞰的、一望俯瞰的な視座から「マップ」すること”はできない。“地図がなければ、私たちは進むことも退くことも座り込むことも何も決定できない。”
 ところが、村上春樹は“地図がなくてもなんとかなるんじゃないか”と考えているまれな人々の中のひとりなのだ、と言う。

 
村上春樹は、この地図もなく、自分の位置を知る手がかりの何もない場所に放置された「私」が、それでも当面の目的地を決定して歩き始め、偶然に拾い上げた道具を苦労して使い回しながら、出会った人々から自分の現在位置と役割について最大限の情報と最大限の支援を引き出すプロセスを描く。その歩みは物語の最後までたどりついても、足跡を残したごく狭いエリアについての「手書き地図」のようなものを作り上げるだけで終わる。
…(略)…
「父のいない世界において、地図もガイドラインも革命綱領も『政治的に正しいふるまい方』のマニュアルも何もない状態に放置された状態から、私たちはそれでも『何かよきもの』を達成できるか?」
 これが村上文学に伏流する「問い」である。


 引用が長くなったが、この本を読んでようやく、なぜ私は村上春樹の作品を読むとき「しんどい」と感じるのか、なぜ私は村上作品をあまり好まないのか、少しわかったような気がした。
 きっと私は父の不在に耐えられないのだ。私はこの世界に枠を与える何かを欲している。何もない状態から、手書きの地図を作っていく作業の「しんどさ」に耐えられないのだと思う。


 村上春樹の解説本として、お薦めの一冊です。引用部分だけではわかりにくいと思いますので、興味のある方はぜひお買い求めください。
 amazon 『もういちど村上春樹にご用心』内田樹著



小春日和日記もよろしく



 
[PR]
by koharu65 | 2012-06-25 22:56 | 本・小説・映画