過去を振り返れば羞恥心に苛まれ、未来を想像すれば不安に襲われる。ただ道を踏み外さないように、足元だけを見つめて一歩一歩進むのが精一杯。だからせめて足跡を残そう。


by koharu65

夏の終わりに

 夏休みが終わり、姪や甥たちもそれぞれ自分たちの家へ帰って行った。一番小さい3歳の女の子は、最後の夜にはもう
「お家に帰りたい。」
とママに訴え、翌日には別れを惜しむ様子も見せず、嬉々として新幹線に乗り込んだ。どの子にとっても、自分の「オウチ」が一番に違いない。
 子供たちのいなくなった「オウチ」にはたちまち静寂が訪れた。彼らが如何に常に動き続け、如何に常に喋り続けているのか、ということを、この静寂によって実感させられている。
 彼らの細胞は立ち止まる暇もなく、めきめきと増殖し続けている。

  暑假完了,孩子们都回去自己的家了。在我家过的最后一晚上,最小的3岁的女孩子求她母亲“我想回家!”。第二天,她一点都没有舍不得离别的样子就兴高采烈地上了新干线回家了。当然每个孩子都最喜欢的是“自己的家”。
  孩子们走出去的“这个家”一片寂静,这个寂静告诉我了他们如何不断地在活动、如何不断地在说话。
  他们的细胞正在不休息地迅速地增值。
[PR]
by koharu65 | 2007-09-02 00:00 | 雑感